車椅子に乗った状態での、靴の履きかた

車椅子生活になると
始めのうちは、細かい部分で苦労します。

その中でも、靴を上手くはけない!
と悩んだ事があるかも知れませんし

もしかすると、今現在
悩み中かも知れません。

靴を履くのは、早い段階で慣れますが

頚椎、脊髄を損傷して
車椅子生活をしている人の靴をはいている映像を

いくつかご紹介致しますので
少しでも参考にして頂けたら嬉しいです。

車椅子に乗った状態で靴をはいている映像

この方は、握力がしっかりあるようですので
おそらく脊髄損傷の方だと思います。

そして、頚椎損傷の人でも、ある程度握力がある場合には
慣れれば、こんな感じにスムーズに履く事が出来るようになります。

この方も、状態が良いので脊損かなと思います!

この方は、C6-7で頚損だと思います。

頚損ですと、ひもを結ぶのがちょっと面倒になるので
私は、常にヒモを結んだ状態にしています。

他には、脱ぎやすいように
1cm~1.5cm程、大きめの靴を履いています!

この方も頚損かなと思います。

私自身、こういった履き方ですので
車椅子の人は、この履き方が一番楽なのかなと実感しました♪

この方も頚損だと思いますが

当ページで紹介している動画の中で
一番、握力や指の力が弱いと思います。

動画では、靴下を履いているところと
靴を履くところが見れて

その他には、ズボンを履いているところも見れますので
かなり参考になると思います!

一つ一つが出来ると快適に!

車椅子になったばかりの頃は
ちょっとしたところでつまづいたりしますが
焦らず、一つずつクリアしていくのが一番と思っています。

そして、不自由な部分を一つクリアするごとに
生活が快適になっていきますので
私は、その瞬間がかなり嬉しいです!

今では、出来ない事はかなり少なくなりましたが
一人暮らしを開始した時に、いくつか不自由と感じる部分があり

その部分を、工夫して解決出来た時は
かなり嬉しかったです♪

どうだ!とか一人で言ったりします 笑

それでは、以上となりますが
他のページでも、解説や映像の紹介をしていますので
宜しければご覧になってみて下さい。