車椅子マークがある駐車場に停められない時の工夫

障がい者・人気ブログランキング

バリアフリー駐車場

私は移動が必ず車になるので
車椅子マークがついている駐車場を利用することが多く
ほんと有難いな!って感じています。

ただ、埋まっていることもあるので
そういった場合には空いているところに停めることになります。

そんな時に、車椅子マークのない通常スペースでも
ほぼ問題なく停めるコツがあるので
共有したいと思います。

車椅子マークのある駐車場のスペース

既に知っていると思いますが
車椅子マークの付いている駐車場のスペースは
このような感じになっています。

車椅子マークのついている駐車場の写真1

車椅子利用者が乗り降りしやすい駐車場

車椅子利用者・お年寄り・妊婦も停めることができる駐車場

一番無難な停め方

写真のように、駐車場の端に停めることができれば
必然とスペースが開いているので
楽に乗り降りすることができます。

車椅子,駐車場

場所によってはちょっと狭かったり
人や車が通るような場所もあるので注意が必要ですが
車椅子マークの駐車場が埋まっている時にはオススメ!の場所になります。
端に停められない場合の工夫

次は、ちょっと隣の人に迷惑をかけてしまう可能性も出てきますが
助手席側を白線ぎりぎりの所に停めれば
なんとか降りるスペースを確保できます。

車椅子,駐車場,端に停められない場合の工夫

車椅子,駐車場,端に停められない場合の工夫

この駐車場は大丈夫ですが
スペース確保が難しい場合には
ドアを全部開けないようにして、7~8割程度だけ開けて
乗り降りするようにします。

車椅子,駐車場,端に停められない場合の工夫

また、隣の車にドアをぶつけてしまっても大丈夫なように
何かカバーのようなものを持ち歩いておくと便利だと思います。

そして、ギリギリのスペースで停める場合には
助手席側の車が、ある程度ドアを開けられるスペースを残しておくように注意します。

そうしないと迷惑をかけるだけではなく
トラブルの元になりかねないので十分に注意してください。

下記のページでは、車椅子から車への乗り降り
手動式装置を付けた車の運転方法や

車内で安心して使えるクッションについて紹介していますので
良かったらご覧になってみてください。

>>> 車椅子から車への乗り降り、手動式装置を付けた車の運転方法
>>> 車椅子生活で使用するクッションについて


スポンサーリンク



コメントはコチラ(承認後に表示されます。)


※コメント以外のお問い合わせはコチラからからお願いいたします。

車椅子生活になってからの恋愛の体験談

車椅子生活になってからの一人暮らしの体験談

パソコンのスキルを身につけて、仕事に役立てる方法をお伝えしています。

脚が不自由になっても運転できる、手動式装置についてお伝えしています。

車椅子生活になってから10キロ減量した方法と、現在の食事メニューを紹介しています。

車椅子使用者でもできる、スポーツや筋トレを紹介しています。

車椅子生活で床ずれ防止に重宝する、クッションを紹介しています。

車椅子生活に重宝する、便利なスロープについて紹介しています。

辛い状況の乗り越え方、不快な感情の切り替え方、メンタルコントロールについて紹介しています。

スポンサーリンク



もし当ページが、少しでも役に立った!
と感じていただけましたら

一人でも多くの悩みを解決するためにも
人気ブログランキングへの
応援クリックをしていただけないでしょうか。
→ 障がい者・人気ブログランキング

上位になればなるほど、訪問してくれる人が増えていく可能性が高まり
生活向上に役立ててもらったり・疑問を解消してもらったり
悩みを解決する人を、少しでも増やしていけるきっかけになるのではないかと感じています。


サブコンテンツ

このページの先頭へ