車椅子生活でのベランダの段差や物干しの延長

ベランダは段差があるので、出る機会はあまりないのですが
ベランダに出なくても洗濯物を干す事が出来ます。

当ページでは、ベランダ部分の段差や
洗濯物を干す際の工夫について解説していますので

これから一人暮らしをしようと考えている場合には
少しでも参考にして頂けたら嬉しいです!

1・ベランダの写真・物干し竿の延長

物干しの延長

現在住んでいるところのベランダの写真になります。

竿の位置に手が届きにくいということや
位置を高くしたくて物干し竿の延長を購入して付けています。

こちらは以前住んでいた所のベランダです。

段差があるので、車椅子で出る事は出来ないのですが
洗濯物を干すだけですので、特に問題無しです!

段差はこんな感じになっています。

ベランダはこんな感じになっていて

基本的には、ベランダに出る事はないので
段差があっても特に問題無しです!

2・手が届かない、奥の洗濯物について

シーツや大きめのタオルは、奥の方に干すのですが
手が届かないので、その際には棒を使って干しています!

その他、洗濯物が下に落ちてしまった場合には
棒を使って拾っているので
かなり重宝しています!

ベランダには、始めから物干し竿を掛ける部分がついていますが
あまりにも位置が高すぎますし
風が強い日には、洗濯物が外に飛んでいってしまう可能性もあります。

ですので、そういった場合には
こんな感じでヒモを付けて高さを調整すればOKです!

ベランダについては特別な工夫は必要はなく
棒を使ったり物干しの延長を使えばなんとかなりますので
一人暮らしをする際に大きな問題にはならないと思います。