車椅子,出会い

私が車椅子生活になったのは19歳なので
歩けていた時よりも
車椅子生活になってからの方が恋愛経験が長いです。

当ページでは、車椅子生活になってから
どんな風に異性と出会ってきたかについて
お伝えしていきますので
一つでも参考にして頂けたら嬉しいです。

車椅子生活になった当初の環境

私が車椅子生活になったのは1998年の12月で
当時はブロードバンドもスマートフォンもなかった頃です。

初めの頃は車を所有していなかったこともあり
車を所有するまで5年くらいはほとんど家の中で過ごして来ました。

そんな中でもやはり出会いを強く望んでいた時期もあったので
まずはその頃の話からしていこうと思います。

車を所有していなかった頃の出会いのきっかけ

事故で1年程入院し、退院して1年くらいすぎて
ようやく気持ちが落ち着いてくると
出会いについて考えることが増えてきた記憶があります。

そうはいっても、当時は車を持っていなかったので
自分では気軽に外出できる状況ではありませんでした。

ただパソコンや携帯電話を使い
掲示板などを通して知り合えることが分かったので
しばらくはそういった所を活用して
とにかく話したい!出会いたい!という気持ちを満たしていました。

ですので、当時の出会いのきっかけはインターネットによるものでした。

正確には、現在もインターネットを活用することがほとんどです。

これは車椅子生活者に限らずに
出会いの場がなかなかない人は利用していますし
それがきっかけでお付き合いしている人や結婚に至るケースもあります。

車椅子生活という壁と、車椅子生活をプラスに転じさせる

今では車椅子生活ということで
引け目を感じることがだいぶなくなりましたが

当時、車椅子生活になり数年くらいの間は
引け目に感じることが多く
仕事の面や、まだまだ不自由なことをクリアしていないことも
大きな壁になりました。

それに加えて、人によっては車椅子生活という時点でNGということもあるので
まずはメールを通して仲良くなってから
実は車椅子生活をしていて、と告白をして
それでも大丈夫だよ!という流れが必要でした。

それか、初めから
掲示板へ車椅子生活ということを書き
それを理解して上でやり取り出来る相手を探すということもありました。

かなりの時間を出会いに費やしてきた経験からだと
一番良いのは、写真を掲載できるマッチングサイトを利用して
車椅子に乗っている姿を載せた上で相手を探す方が良いと感じます。

精力的に生活していることを写真とプロフィールで伝えることで
車椅子生活ということがプラスに転じて
好印象を与えることもできるからです。

やはり私からみても、力強く生きている人はそれだけで魅力的ですし
それに加えて不自由な状況を乗り越えて
精力的に生きている人には魅力を感じます。

ですので、車椅子で生活していることを
全面に押し出し、プラスに転じさせるのがおすすめです。

ただ、そうはいっても
車椅子生活になったばかりの頃は色々気にしてしまうと思うので
無理なく少しずつ慣れていくのが良いですね。

出会いのきっかけを作ってから会うまで

次に、出会いのきっかけを作っても
当時は車を所有していなかったので外出が困難でした。

ですので、インターネットを通じて仲良くなった人と会う時は
最寄りの駅まで来てもらうか、家の近くまで来てもらうのがほとんどでした。

こういったこともあり、車を所有していない頃は
不便さを感じることが多かったです。

もしもっと行動力や度胸があれば
電車に乗って街へ行くという選択肢もありましたが
電車で移動をするというのは全く考えられなかったこともあり
人と関わることや、知り合うきっかけも少なかったです。

車で移動できるようになってからの出会い

車椅子生活にになってから車を運転するようになるまでは5年ほどかかったので
それまでの期間で車椅子生活の葛藤を乗り越えたり
異性と話すことやネットを通じて知り合うことにも十分慣れていました。

ですので、車で移動できるようになったことは
鬼に金棒という感じで、一気に知り合えるチャンスが増え
それに加えて外で遊ぶ機会も大幅に増えていきました。

前に踏み出せない時の解決方法

車椅子生活になることで出会いのチャンスが多少は減るかも知れませんが
だからといって出会えないわけでなく
十分なくらいに出会いを作ることができます。

私は歩けていた10代の頃とは比較にならないほど
異性と知り合う機会が増えましたし交際もしてきたので

もし、車椅子生活になったことで
なかなか前に踏み出せないという場合は
その理由をしっかりと紙などに書き出して
一つずつゆっくりでもいいのでクリアしていけば大丈夫です。

例えば、外出中のトイレが心配であれば
まずはトイレコントロールを徹底的に習得する

自信がなくて異性と接することができなければ
その理由を書き出して、それも一つずつクリアしていく。

外見に自信がなければ、自信がないところを一つずつ書き出して
それも一つずつクリアしていく。

・かっこいい髪型にする方法を調べる
・眉の手入れについて学ぶ
・肌の手入れを学んで清潔感を出す
・歯科へ通って歯を綺麗にする
・ネットや雑誌を参考にファッションセンスを磨く

車椅子生活になったことで体重増えて
それが自信喪失の理由になっているなら食生活を一つずつ変えていく

まずは朝食をヘルシーにしてみる
それが習慣化できたら昼食もヘルシーにしてみる
というように、一気に変えずに一つずつで大丈夫です。

食生活を改善して体重が落ちてきたら週に1度だけ筋トレをする
というのも良いと思います。

1ヶ月に一つでも十分です。

そして自信を喪失している理由がわかったら
一つずつクリアしていけば大丈夫です。

それが積み重なることで、自信も湧いてきます。

私は以前、自信がありませんでした。

・仕事をしていない
・収入が少ない
・服装選びが得意じゃない
・体重が多めで着れる服が少ない
・高校中退
・パソコンなどのスキルに自信がない
・トイレに失敗する

といったように自信がない理由は沢山ありましたが
それを一つずつクリアしてきたことで今は自信があります。

もちろんこれからも、もっともっと色々なことを達成し
自分を高め続けていき、その過程を楽しんでいきます。

たまに、何かについて自信がないと感じる時は
じゃそれをクリアしていけば、更に自分を高められるということだ!とワクワクします。

このように良い流れを作っていくことで
出会いのきっかけを掴みやすくなりますので
一つずつ取り入れてみてください。

ただ、欲張っていくつも同時に習慣を変えようとすると
負担が大きくどれも中途半端になり、一つもクリアできなくなる可能性があるので
焦らずに一つずつ変えていくのがおすすめです。

ほんの些細なことでも大丈夫なので
まずは一つでいいので変えてみてください!

それが積み重なった時に
自分が大きく変わっていることを体感できるようになっているはずです。